カードローン比較

銀行系と消費者金融系のカードローンの比較

カードローンには銀行系の類と消費者金融系の類の2種類が存在しているのはご存知でしょうか?
そして、それらがなぜ分類別に呼称されるのか。
もっとも大きな違いとしては、実際に借り入れをする際に関わってくる規制に関しての問題が挙げられると思います。その規制とは”総量規制”と呼ばれるもので、年収に対しての3分の1以上の借り入れが出来なくなっている法律なのです。

 

では、この規制がどのように関わってくるのでしょうか?
まず知っておきたい事としては、銀行系のカードローンはその総量規制の対象外になっている事です。逆に消費者金融系のカードローンでは対象となっているので、借り入れの最大限度額が自身の年収に大きく左右されてしまうことになるのです。

 

上記で挙げた二種類のカードローンでは、内容の差がある事に加え、審査の基準でも少々の差が生まれてきます。銀行系のカードローンというものは大手の銀行が運営している事が多い分、低金利であったり、規制の関係での借り入れ限度額の上限が高かったりとメリットが多い分、審査自体も厳しくなりやすいという事です。また、逆に消費者金融系のカードローンでは、審査基準が銀行系のものと比較した際には甘めに設定されている事が多くあります。ですが、あくまで感じ取れるほどの事であるので、明確な差がはっきりと存在している訳ではないこともご理解して頂きたいです。

 

以上の様にカードローンと一般的にひとまとめで呼称されますが、それぞれのメリットなどをふまえ、利用する際には厳選して行きたいものですね。

消費者金融のキャッシングカードクレジットカードの違い

一般的に、融資を受けるとなると銀行での貸し付けであったり、消費者金融を利用しての無担保ローンを思い浮かべる事が多いと思いますが、クレジットカードにもキャッシング枠というものが存在しているのはご存知でしょうか?こちらは、クレジットカード会社からの借り入れをカードの枠内で行う事の出来るサービスになっています。
では、消費者金融からのキャッシングと、クレジットカード会社のキャッシングとの違いはいったいどういったものなのでしょうか?

 

両者の機能・サービスを平たく見た際に、大きな差はほとんど存在していません。一般的に見た際にはクレジットカードのショッピング枠というのは金利の低いイメージを与えていますが、賃金業規制法改正前の金利では逆に、消費者金融業者よりクレジットカードでのキャッシング金利が高かったという例もありました。イメージで考えてしまった際に、実際の金利面などで損をしてしまうというケースも少なくなかったと思います。
利用をする際には、企業や、一般的なイメージの中だけで判断をする事なく、しっかりと金利やその他のサービスとを比較することが重要であると言えます。

 

現在では、まだまだキャッシング機能付きのクレジットカードというものが主流となっていますが、消費者金融のキャッシングカードの広まりによって、今後はその機能を排したカードが普及されていくのではないでしょうか。利用者にとっては選択肢の幅が狭まる事にもつながってくるので、悩みの種が減るというメリットになりそうです。